美白有効成分とは?美白成分の種類と組み合わせ

美白を目指していて、ふと『美白有効成分ってどんなものだろう・・・』と疑問を抱いたことはありませんか?

今回は、美白有効成分について、また一番効果がある美白成分と種類、組み合わせを紹介していきます。

美白有効成分とは?

美白になりたい人や美白を目指している人は『美白有効成分』とゆう文字をよく目にしているのではないでしょうか?

医薬部外品の化粧品に配合されている『美白有効成分』とは一体何でしょう?

美白に欠かせない有効成分が、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、コウジ酸、ユキノシタなどが代表的ですが、特徴と違いをまとめました。

美白有効成分は厚生労働省承認!?

美白有効成分とは、「メラニンの生成を抑え、しみ・ソバカスを防ぐ、又はこれに類似した効能があると認めた成分」のことをさし、効果が期待できると厚生労働省が承認した成分を指します。

現在、厚生労働省承認が認めた『美白有効成分』は約20種類しかありません。

化粧品メーカーや製薬会社が、美白有効成分を申請して承認までに10年以上もの時間がかかることもあるので、すでに認められている美白有効成分は厳格にジャッジされたものになります。

美白成分の種類

「美白化粧品」と言っても、配合されている美白成分によって、肌への働きかけ方は違ってきます。

そこで代表的な美白成分をいくつかご紹介。

ビタミンC誘導体・・・シミ予防

タミンC誘導体には、メラニン産生を抑制し、ターンオーバーを正常化してくれるので、シミの予防にも繋がります。また肌の内側から支えるコラーゲンの産生、活性化酸素の除去、還元作用など様々な効果があります。

トラネキサム酸・・・シミの炎症を抑える

トラネキサム酸は、もともと医療現場で出血を抑えるために使われていた成分で人工アミノ酸の一種です。また「炎症状態」にあるメラノサイトを鎮める効果があるので、シミの予防や改善に効果があります。

アルブチン・・・メラニン生成を阻害

コケモモ(植物)に含まれる成分。
メラニンをつくる「酵素チロシナーゼ」の働きを阻害します。作用によって、過剰なメラニンの生成を抑制。
シミ・くすみ・そばかすを防ぐ効果が高い成分なので、ビタミンC誘導体の入った化粧品と組み合わせると透明感のある肌も目指せます。

コウジ酸・・・シミ予防・くすみに効果的

コウジ酸は、麹菌由来の成分で1年を通して美白の効果があり女性に大変人気です。シミ、くすみ、シワ、たるみを防ぐと言われています。

美白成分その他
・エラグ酸・ルシノール・リノール酸・カモミラET
・4MSK・エナジーシグナルAMP・マグノリグナン
などがあります。

上記で紹介した美白成分は、どれも厚生労働省に認められた美白有効成分です。

美白になりたい人や美白を目指している人は、これらのどれかを含んでいる化粧品を選ぶと効果が実感できます!

 

美白成分の組み合わせ・種類や目的に合わせて選ぶ

インターネットで検索すると、美白成分の組み合わせや種類は出てきますが、自分自身の肌の悩みや肌の状態に合っているのかを見極めるのは難しいものです。

自分の肌にぴったり合う成分を見つけるには、トライアルセットでお試しするかプロの診断を受けてお試しするのをおすすめします。

美白有効成分の種類と組み合わせのまとめ

美白化粧品を買おうと思っても美白成分の種類や違いがたくさんあって迷っていたと思いますが、今回ご紹介した『美白有効成分』が入っている化粧品を目的に合わせて選ぶとより効果が実感できるがと思います!!

自分の肌の悩みや肌の状態にあった美白成分を選んで、美白を目指しましょう!

 

 

 

 

おすすめの記事